北海道の格安レンタカーを比較

北海道を旅行する時に意外と便利になるのはレンタカーです。道内は広いため、路線バス移動だけでは限界があります。また、列車移動の場合は、駅のそばに旅行者がいくような観光地は少ないからです。もし、観光地が駅から徒歩で行ける距離だったとしても、主に都市部限定の話になります。しかも、列車の場合、1時間に一本か2時間に一本程度しかありませんので、計画を立てるのが難しくなります。
旅行以外でレンタカーを利用する場合でも、同じような事情により、公共の交通機関は都市部を除いて不便なのです。

そのような事情を考えると、自動車を借りることの合理性が理解できるのではないでしょうか。
自動車をレンタルするとなった場合には、その料金が気になるところです。不景気の現代においては、如何に格安な自動車を借りることも重要になります。そこで、各社の料金について比較をしてみます。格安でレンタルできる会社は幾つかありますが、プランによって料金が異なります。

自動車を借りる場合、補償が充実しているプランを選ぶとすれば、タイムズカーレンタルを利用するといいでしょう。6時間以下のレンタルの場合は、他社に1位の座を譲らなければなりませんが、6時間以上のレンタルの場合はタイムズカーレンタルが1位になります。具体的には、コンパクトカーを1日借りる場合は、4000円前後で借りることが可能です。車種については、もともとタイムズカーレンタルがマツダのレンタル会社になりますので、マツダの自動車が多い傾向があります。欠点としては他社に比べると自動車の種類が豊富ではないことです。最近は外車も少しずつ扱って来ましたが、まだまだ少ないです。自動車の種類にこだわらないならば、お得です。

レンタルの会社の中には、ネットで予約すると割安になるところもあります。ネットの場合は、オリックスレンタカーでは10パーセントオフになります。レンタルの会社としては、ネットから予約をしてもらった方が手間がかかりませんし、時間外からの予約も可能になりますので、できるだけネットで予約してほしいというのが本音でしょう。ただし、車種まで指定すると5パーセント割引になるため、注意が必要になるでしょう。車種を指定する場合は、出発地点の営業所にその自動車を置いておかなければなりません。その営業所にない場合もありますので、割引率が低くなるのです。もし、今後の計画が明確で事前予約ができるならば事前予約をした方が格安で借りることができます。

投稿日:

北海道のレンタカー比較!最安値はいくら?

レンタカーの料金計算は「基本料金+基本料金以外の料金」によって決まります。
基本料金は車種によって異なります。

軽・乗用車、乗用車(SUV・ラグジュアリー)、エコカー、ミニバン・ワンボックスワゴン、バン・トラック、バス・ユニバーサルカー、といった車種があり、それぞれ料金が決められています。
例えば北海道の「ニッポンレンタカー」の軽・乗用車だと6時間まで5,940円、12時間まで5,940円、24時間まで7,344円、以降1日ごとに6,264円加算となっています。
これはかなり安いほうです。

軽・乗用車の最安値がだいたい5,500円〜なので、これを目安にして比較するとどこが安いかがわかります。
業者を比較したい場合は、北海道の営業店舗を確認してその中から選ぶといいでしょう。
業者ごとに特徴があり、車種が選べたり、オプションが豊富だったり、乗り捨て可能だったり、といった違いがあります。遠くまで走る予定でなければ乗り捨てサービスはなくてもいいですが、道東の網走や道北の稚内など遠くまで行く時には、最寄りの空港から乗って帰ってくるというスケジュールにして乗り捨て可能なレンタカーを選んだほうがいいかもしれません。

北海道は広いため、片道だけで次の都市に行くまで5時間以上かかるということも普通です。これはあくまで夏の路面状態がいい時の話であって、路面が凍結したり雪に視界を遮られる冬の時期にはさらに苦戦して倍以上の時間がかかることもあります。

あとは、ガソリン代も含めて考えることが必要です。長距離を走っていると、あっという間にガソリンが減っていきます。格安で低年式車を提供しているところもありますが、そういう車だと燃費が悪くて長距離ドライブには向かない可能性もあります。
なので、長距離ドライブするつもりならばハイブリッドカーなどの燃費のいい自動車を選んだほうがいいです。ハイブリッドカーの車種が豊富なのは「トヨタレンタリース」で、ここは車種が選べて充実していますし、ハイブリッドカー
を比較的安い値段で利用することができます。

ガソリン代を安く抑えることができれば、最終的な総合レンタル代金を減らせる可能性があります。
また「トヨタレンタリース」は店舗数が多く、返却場所にも困らないというのもメリットです。
レンタル会社は空港の中や近くに数多く入っているので、そこの営業所にWebから連絡して、免許証を提示して車を借りればOKです。

投稿日:

北海道で乗り捨て可な格安レンタカーはどこ?

ワンウェイシステムというのは、乗り捨て可能なレンタカーサービスです。普通は借りた営業所に返す必要がありますが、乗り捨て可能ならば北海道のような広い都道府県の旅にも適しています。
空港の近くの営業所まで車を走らせて、あとは最寄りの空港から乗って帰ることもできます。

比較すると、乗り捨て可能で格安で利用できるのが「タイムズカーレンタル」「トヨタレンタリース」などです。
「タイムズカーレンタル」は、エリアによって料金が変わってきますが、エリア内の乗り捨てであれば乗り捨て料金は無料になります。50kmまで乗り捨て料金無料、100kmまで、150kmまで、200kmまで、以降は50kmごとに料金が加算されるシステムです。

対象クラスは軽自動車、乗用車、ライトバン(一般車両)と、ワゴンのほうはミニバン、SUV、トラック(ワゴン)となっています。
「タイムズカーレンタル」は、Webから予約することができます。出発日が決まっているならば、レンタル可能な車を用途ごとに探し、あとはインターネットで簡単に予約できます。24時間いつでもどこでも予約可能なので便利です。
受付を済ませたら免許証と予約表・クーポン(持っている人だけ)を提示して、スタッフから車の説明を受けます。あとはスタッフと一緒に車のチェックを済ませて借りればOKです。

返却店舗を変えることができますが、返すときには必ず燃料を満タンにしておく必要があります。給油時の領収書などが必要になるからです。
最後にまた営業所のスタッフと車両を点検して返却完了です。

利用当日に料金を支払うこともできますが、ネットクレジット決済も可能なので、事前に登録しておくと便利です。
料金は6時間、12時間、24時間、24時間ごとに分かれていて、その後は追加1時間ごとに値段が上がっていきます。ベーシックタイプの車両であれば、24時間で7,560円が相場です。
「トヨタレンタリース」のほうは、普通のシーズンでスタンダードクラスが24時間で9,720円が相場です。こちらは人気車両から選べることや、ペット同伴などのサービスがついているのが魅力です。
北海道は広いので、乗り捨て可能なレンタカーは重宝します。ドライブが目的ならばいいですが、借りた店舗にきっちり返す自信がない人は最初から乗り捨て可能な業者から選んだほうがいいでしょう。道北や道東など、端っこまで走らせる予定であれば乗り捨ては必須です。

投稿日:

北海道のレンタカーの相場はいくら?最安値は?

北海道でレンタカーを借りた旅行は人気があります。電車でまわる旅行の場合は、行ける所が限定されてしまうからです。道内の魅力ある観光スポットの多くは、自然がテーマになっています。ですが、鉄道で到達することができる場所は自然から遠い場所ではないでしょうか。中には観光地のすぐ前に駅を作ったというパターンもありますが、それでもなお自然がメインの観光地へ歩いて行ける駅は数少ないのです。この点、駅からバスを利用してその観光地まで行く方法もあります。ですが、内地と違い、バスの数が格段に少ないと言う問題点があります。バスの数は1時間に1本あればいい方で、2時間に1本しかない場所も少なくありません。そうすると、日程を決めるのにかなり限られた時間の中で
観光地を回らなくなくてはならないため、時間を有効に使うことはできません。

そこで、レンタカーを利用したパックを利用することで、行きたいところにストレスなく行くことが可能になります。
ただし、車を借りる場合には、料金がどれくらいになるか気になるところではないでしょうか。そこで、各プランの比較をしてみましょう。時期は宿泊日数によっても金額が異なりますが、2泊3日で見てみると、2万3千円台が1番安いレンタカー付きのプランになります。ただし、何曜日に旅行に行くかによってもその料金は異なってきます。金曜日から日曜日を挟む場合には、3,000円から4,000円ほど異なります。できれば週末や連休等を外していけば費用を安く済ませることが可能になります。

同じ車を利用するプランでも、ガソリンを満タンにして返すプランが一般的ですが、一方でガソリンを満タンにして返さなくても大丈夫なプランがあります。ガソリンを満タンにしなくても良いプランでは、その分ガソリン代を支払わなくてもいいので、その分高くなります。4,000円ほど高くなることが多くなりますが、中にはガソリンを満タンにしなくても良いプランと同じ金額のものもありますので、よく調べてみることが必要になります。

3泊以上になると3万円台が一般的になります。3泊以上であれば、道南なら道南の観光地を十分に見て回ることが可能になります。ただ、少し観光地を削っていけば、2つのブロックを見ることも可能です。
基本的に、旅行を失敗させないためには、あまり欲ばって観光地を選ばないことです。車で移動する場合は事故を起こす可能性がありますのでゆとりを持って計画をする必要があります。

投稿日:

北海道のレンタカー業者で便利な業者は?

北海道で便利なレンタカーサービスは、ワンウェイ(乗り捨て)可能なところです。
他店舗に返却することができるので、別の営業所で乗り捨てることができます。北海道は広いため、札幌の新千歳空港から道東まで車を走らせるとかなりの距離になります。
そこからは他の交通手段で帰ってきたいというときに便利なのがワンウェイです。

ただし、ワンウェイは原則として事前申し込みが必要で、乗り捨て料金は各レンタカー会社で出発営業所と返却営業所の距離、車種、などによって設定されています。
もちろん、乗り捨てだからと言って路上に放置していいというわけではありません。所定の手続きを踏まないと返したことにはならないので注意しましょう。
ワンウェイが可能な業者には、例えば「トヨタレンタリース」があります。札幌からレンタカーで旭川空港や帯広空港、女満別空港の近くまで乗ったとしたら、帰りは近くの営業所に乗り捨てて飛行機で帰ってくるということも可能です。

行きはいいけれども帰りが体力的に不安という人にも、優しいサービスです。
他には「タイムズカーレンタル」があります。ここも乗り捨て可能で、各地に営業所があるので使いやすいです。
業者を比較するときには、乗り捨て料金を確認しておくと安く利用できます。

もし札幌から宗谷岬まで行く場合、新千歳空港から稚内までは高速道路を走ると休憩時間なしで5時間半ほどかかります。一般道を使う場合は距離は約355kmで、休憩なしで走って7時間です。
1日で走るのには辛い距離なので、何泊かの予定で行った方がいいでしょう。
国道232号は通称オロロラインと呼ばれていて、110km近くの距離が日本海に沿って走っています。オロロン鳥というここでしか見られない珍しい鳥が見られたり、天気が良ければ沖合に天売島、利尻島なども確認することができます。

利尻島には有名な利尻富士があり、ここも人気のある観光スポットです。
高速道路を何度も使う場合は、ETCがついていると便利です。ただし、カードにはクレジットカードのような有効期限があるので注意が必要です。出発前に営業所で係員に確かめておきましょう。
また、車両によっては認識されにくいなどというトラブルが出ることもあるので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。
うまく活用すれば、車を持っていなくても北海道を満喫できます。もちろん運転免許は必須ですが、誰でも楽しみを広げることができます。

投稿日: